バツ
    カテゴリー: 技術

方法:OP1a準拠のMXFビデオファイルをチャンネル7のAdobe Premiereにエクスポートする

MXF OP1a形式の選択

オーストラリア、テレビ放送ファイルで一般的に使用される形式の1つはOP1a準拠のMXFです。チャンネル7には、プライマリチャンネルとすべてのセカンダリチャンネル用にファイルをフォーマットする方法について、非常に特定の要件があります。 MXFは本質的にコンテナであり、その中にはビデオコンテンツ、オーディオコンテンツがあり、字幕コンテンツも含めることができます。放送メディアで作業したことがない場合は、おそらく耳にすることのない不明瞭な形式です。幸いなことに、Adobe Premiereを使用すると、この形式に非常に簡単にエクスポートできます。以下に、チャンネル7で受け入れられる私が使用する設定を示します。同じ設定を使用してメディアが受け入れられるとは約束できませんが、受け入れられない理由はわかりません。

1.基本形式とプリセットを選択します

そのため、通常は[ファイル]メニューに移動し、[エクスポート]> [メディア]に移動してエクスポートダイアログを開きます。

エクスポートダイアログウィンドウの右上に、「エクスポート設定」が表示されます。このセクションの一番上で、形式のドロップダウンボックスからMXF OP1aを選択します。

MXF OP1a形式の選択

フォーマットのすぐ下で、必要に応じてプリセットを選択できます。 「プリセット」ドロップダウンボックスには、それらの非常に長いリストがあります。次に実際の設定を行いますが、チャンネル7の指定要件に最も近いため、ベースプリセットとして右下の「XDCAM HD 50 Pal 50i」を選択しました。

MXF OP1aビデオプリセットオプション

2.ビデオ設定をカスタマイズする

Adobe Premiere書き出しダイアログのビデオ設定には多くのオプションがあり、以下のスクリーンショットをチェックして、ビデオ設定がどのように表示されるかを正確に確認できます。

MXF OP1aビデオ設定

ビデオコーデック: この場合、XDCAMHD 50 PAL(4:2:2)を選択します。

幅: 1920

高さ: 1080

フレームレート: 25

フィールド順序: アッパーファースト

側面: 正方形ピクセル(1.0)

スマートレンダリングコーデックを有効にします。 選択済み

パーティションごとのユニットの編集: デフォルト

3.オーディオ設定をカスタマイズする

オーディオ設定は非常にシンプルですが、チャンネルとサンプルサイズに特に注意してください。正しく設定されていないと、ファイルが拒否される可能性があります。スクリーンショットで自分の設定を確認してください。

MXF OP1aオーディオ設定

オーディオコーデック: 非圧縮

サンプルレート: 48000 Hz

チャンネル: 8チャンネル

サンプルサイズ: 24ビット。

4.エクスポート

これで完了です。これで、チャンネル7に送信する準備ができているOP1a準拠のMXFコンテナにビデオをエクスポートできます。頻繁に使用する必要がある場合は、これらの設定をカスタムプリセットとして保存することをお勧めします。そうすることで、誤って設定を見逃さないようにすることができます!

マット:

View Comments (2)

  • マット8チャンネルを持っている場合、どのようにオーディオを下に重ねますか?トラック1と2をステレオ、残りをモノラルとして配置しました。ただし、エクスポート時には1and2のみが聞こえ、モノに変換されます。

    • Hey Steve, you don’t have to, the channels just have to exist. Doesn’t matter if they are empty.

コメントを残す

このウェブサイトはクッキーを使用しています。